2017年02月17日

2017-02-17 Delphi 無償ダウンロード

2017-02-17 Delphi 無償ダウンロード

今なら無償で使用できるみたいです。以下にアクセスしてみて下さい。プログラムやインストールで質問があれば可能な範囲で対応します。使い初めは何をしていいのかが判らないと思いますので、気兼ねなく質問して下さい。

https://community.embarcadero.com/blogs/entry/delphi-c-builder-10-1-berlin-starter-edition-japan

https://www.embarcadero.com/jp/products/delphi/starter/promotional-download


自分が DOS のプログラムを開発していた時は(趣味の範囲です)、Borland の Turbo C 2.0 が最初でした。その後 Windows の環境になって、ぱったりとやめてしまいました。そんなときに Delphi(16Bit版です) と出会いました。かんたんに Windows のアプリケーションが開発が可能で、それ以来ずっと使用しています。

DOS のプログラムではファイラーやエディタを作成しました。プログラムは、キー入力を「永久」に待つような感じで、キー入力により処理を分岐するイメージです。

Windows ではイベント(キー入力やマウス入力)を「待つ」感じです。Windows の操作が行われると、Windows からアプリケーションにメッセージが送られて、それに従って処理を行うイメージです。処理に入ってしまえば、自分のアプリケーションの範囲になります。

このイベント部分や画面作成の部分を、Delphi が面倒をみてくれます。この事により簡単にアプリケーションが開発できます。制御系のアプリケーションになると C++ の開発になると思いますが、個人の範囲であれば、Delphi が提供する Object Pascal がおすすめです。

みなさんも、プログラムを作成してみませんか?

■2017-02-20 以下を追加しました■

「Embarcadero のDelphi による Windows アプリケーションの開発」
の手順書を作成しました。ダウンロードからメモ帳の雛型の作成までを記述しました。
興味があれば、見て下さい。

■目次
Delphi 目次.pdf

■01:Windows のアプリケーション
Delphi 第1章.pdf

■02:Delphi の説明
Delphi 第2章.pdf

■03:Delphi のインストール
Delphi 第3章.pdf

■04:メモ帳の作成
Delphi 第4章.pdf

■05:その他
Delphi 第5章.pdf

■Main.pas
Main.pdf

■ソースプログラム
MyMemo.zip




posted by bonworld at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Delphi
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178795202
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック