2016年09月27日

2016-09-27 HP200LXにJKITをインストール

2016-09-27 HP200LXにJKITをインストール

HP200LXのメンテナンスを兼ねて、JKITを新規にインストールしました。

手元にはVer1.0とVer1.1がありました。
Ver1.0のインストールは通信でプログラムを転送しますが、最近の環境では転送の最初で失敗してしまいました。
Ver1.1のインストールは、フロッピーの内容をコンパクトフラッシュやフラッシュパッカーにコピーした後に、HP200LXでインストールが可能です。
試しにVer1.1のインストールの途中でVer1.0のシリアルナンバーを入力してもインストールは可能でした。インストール中に新たなシリアル番号が発行されました。という事で、手元にはVer1.0を残しておき、Ver1.1はオークションに出品して落札されました。

コンパクトフラッシュやフラッシュパッカーのフォーマットをWindows10やWindowsXpで行うとHP200LXが認識しません。PCMCIAのDOSの環境を構築しましたが、認識できなくて、手ずまりになってしまいました。
PC9821NE3のノートパソコンのWindows95の環境で、MELCOのディスクフォーマッタを使用したところ、無事にフォーマットが完了し、Hp200LXで動作しました。
IBMのThikPad X31のWindows2000での環境でも大丈夫でした。
X31のWindowsXpでフォーマットしたコンパクトフラッシュは、HP200LXでは認識できませんでした。
X31のWindows98では、コンパクトフラッシュそのものが、認識ができませんでした。
IBMのThikPad X61のWindows2000での環境でも大丈夫でした。

という事で、安易なフォーマットは気を付けましょう。なお、フォーマットする環境が無い方は、送っていただければ無料でフォーマットいたします。なお、往復の送料の負担は、お願いします。
posted by bonworld at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Computer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177045031
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック