2015年05月20日

2015-05-20 尻別川のイトウの自然産卵の見守り隊

2015-05-20 尻別川のイトウの自然産卵の見守り隊

尻別川のイトウを飼っている池で採卵を行いました。

池にいる24匹のイトウを、いったん池から取り出し、沢に設置した2m四方の網に移します。
次に網から1匹毎に取り出していき、魚体の成熟を確認します。
今年はオス2匹+メス1匹で2700粒の採卵が出来ました。
去年は採卵ができませんでしたが、今年は餌を豊富に与えたので良い結果になりました。
なお成熟が遅い魚体は一週間後に採卵を行います。

採卵時は軽く麻酔を行うため、採卵の後には沢の流れせ蘇生を行います。
大きな網の中で蘇生を行うのですが、水が冷たく感覚が無くなってきます。
蘇生を行っていると、イトウが自分の子供のような気がして、冷たさを我慢できました。

無事、孵化ができることを祈っています。
posted by bonworld at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Obirame
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/133447991
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック