2019年08月20日

2019-08-20 Mac LC3 ATX 電源ユニット 交換

2019-08-20 Mac LC3 ATX 電源ユニット 交換

Old Mac の LC3 を中古で購入しました。
最初の数日は正常に起動しましたが、フロッピーを交換後に、何故か電源が入らなくなりました。
ネットで調べたら、海外サイトに交換例があり、実際に交換して、正常に起動できるようになりました。

電源ユニットの容量は大丈夫でした。
最近の ATX には -5V の結線がないので、古い ATX 電源をオークションで購入しました。

LC3 電源ユニット
+5V 3.75A
-5V 0.075A
+12V 0.78A

ATX 電源ユニット
+5V 10.0A
-5V 0.1A
+12V 1.5A

結線
ATX(19) +5V -----------LC3(4)
ATX(16) 0V -------------LC3(1)
ATX(17) 0V -------------LC3(2)
ATX(10) +12V ----------LC3(5)
ATX(18) -5V -------------LC3(7)
ATX(14) PSON --------Power Switch
ATX(15) 0V -------------Power Switch


P1130228 640X480.JPG
シャットダウンを実行後の画面
この後に電源を切りにします

P1130223 640X480.JPG
オリジナルのコネクタ

P1130224 640X480.JPG
オリジナルのコネクタのマザーボード側

P1130225 640X480.JPG
オリジナルのコネクタの基盤側

P1130250 640X480.JPG
マザーボード側のコネクタ

P1130242 640X480.JPG
ATX 電源

P1130244 640X480.JPG
ATX 電源

P1130245 640X480.JPG
ATX 電源

P1130252 640X480.JPG
電源の切/入のスイッチ

P1130253 640X480.JPG
電源の切/入のスイッチ

P1130255 640X480.JPG
作成したコネクタで、オリジナルのコネクタの基盤側のハンダ付けを外して、コネクタを付けました

P1130257 640X480.JPG
作成したコネクタ

P1130258 640X480.JPG
ATX電源に延長ケーブルを追加

P1130259 640X480.JPG
延長ケーブルの先端のコネクタを切断

P1130260 640X480.JPG
延長ケーブルにピンを圧着

P1130261 640X480.JPG
延長ケーブルにピンを圧着

P1130262 640X480.JPG
延長ケーブルにピンを圧着

P1130266 640X480.JPG
電源ユニットに仮組

P1130267 640X480.JPG
LC3 に電源ユニットを取り付け

P1130268 640X480.JPG
マザーボードに接続

P1130269 640X480.JPG
電源の取入

P1130271 640X480.JPG
マザーボード

posted by bonworld at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Computer

2019年08月19日

2019-08-19 Mac IIsi ATX 電源ユニット 交換

2019-08-19 Mac IIsi ATX 電源ユニット 交換

Old Mac の IIsi を中古で購入して使用していました。購入時に電源ユニットの調子が悪く外部電源の使用にチャレンジしましたがダメでした。
最近になって LC3 を中古で購入しましたが、こちらも電源ユニットの調子が悪く、再度ネットで調べ、偶然に以下のサイトが見つかりました。
以前と異なる箇所は IIsi の 10ピンの +5VSB の接続だけでした。
早速実験したら、無事電源が入りました。
ただ外部電源では、キーボードからの電源投入とメニューからのシャットダウンでは電源が切れません。
これは外部の電源スイッチで対応しました。

電源ユニットの容量は -12V が不足していますが、私の場合は外部 SCSI の接続だけでしたので大丈夫でした。

IIsi 電源ユニット
+5V 6.8A
+12V 0.8A
-12V 0.3A

ATX 電源ユニット
+5V 10.0A
+12V 1.5A
-12V 0.2A

結線
ATX(04) +5V ------------IIsi(2)
ATX(06) +5V ------------IIsi(3)
ATX(20) +5V ------------IIsi(4)
ATX(05) 0V -------------IIsi(5)
ATX(07) 0V -------------IIsi(6)
ATX(15) 0V -------------IIsi(7)
ATX(09) +5VSB ----------IIsi(10)
ATX(10) +12V -----------IIsi(1)
ATX(12) -12V -----------IIsi(8)
ATX(14) PSON -----------Power Switch
ATX(13) 0V -------------Power Switch

P1130228 640X480.JPG
シャットダウンを実行後の画面
この後に電源を切りにします

P1130229 640X480.JPG
マザーボードのコネクタコネクタ

P1130231 640X480.JPG
電源ユニットのコネクタ

P1130232 640X480.JPG
電源ユニットのコネクタ

P1130233 640X480.JPG
電源ユニットのコネクタ

P1130230 640X480.JPG
電源ユニットにコネクタを取り付け

P1130238 640X480.JPG
電源ユニット側のコネクタ

P1130234 640X480.JPG
電源ユニット側のコネクタ

P1130237 640X480.JPG
電源ユニット側のコネクタ

P1130239 640X480.JPG
電源ユニットのコネクタの仮組

P1130240 640X480.JPG
ATX 電源の延長ケーブル

P1130241 640X480.JPG
オリジナルの電源

P1130242 640X480.JPG
ATX 電源

P1130243 640X480.JPG
ATX 電源

P1130244 640X480.JPG
ATX 電源

P1130245 640X480.JPG
ATX 電源

P1130246 640X480.JPG
電源の組み込み

P1130248 640X480.JPG
完成

P1130249 640X480.JPG
完成

posted by bonworld at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Computer

2019年08月18日

2019-08-18 Mac LC3 IIsi フロッピー ギヤ交換

2019-08-18 Mac LC3 IIsi フロッピー ギヤ交換

Old Mac を保管していますが、FDD の排出ができないドライブを保管していました。
偶然以下のブログでギヤの情報があったので試してみました。
https://blog.goo.ne.jp/masaharu221208/e/7491549ca676d255998f912978e2e3d0?fm=entry_awp

e-Bay で8月1日に注文して、8月14日に到着しました。
商品はイタリアからの発送でした。
4個を購入して、送料込みで 3,000円位でした。

排出しないドライブ1台と、現在使用中のドライブ3台を交換しました。
正常に排出するドライブのギヤも、外す時に欠けるような感じでした。
交換後は大丈夫です。

P1130198 640X480.JPG
封筒の表

P1130197 640X480.JPG
封筒の裏

P1130200 640X480.JPG
梱包状態
封筒は内側にパッキン付き

P1130201 640X480.JPG
新品ギヤ

P1130206 640X480.JPG
2か所のビスを外します

P1130207 640X480.JPG
外したギヤユニットの裏側

P1130208 640X480.JPG
爪を外側に外して、金属板を外す

P1130209 640X480.JPG
ギヤユニットの内部

P1130211 640X480.JPG
ギヤを摘まんで軸方向に持ち上げて外す

P1130210 640X480.JPG
左から2番目のギヤを外した状態
左端のギヤが破損

P1130212 640X480.JPG
交換後の状態

P1130214 640X480.JPG
ドライブ




posted by bonworld at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Computer

2019年08月13日

MacOS の AppleScript について

MacOS の AppleScript について

Windows と Android のプログラムしか製作していませんが、Mac の OSX のプログラムの開発にチャレンジしました。
iOS のアプリケーションは X-Code で作成した経験がありました、OSX は初めてです。
プロジェクトを作成してみましたが、そこから先に進みません。

目的は現在の日付を取得するアプリケーションです。
Mac の「jedit」でこの機能が実装されている情報があり、早速インストールしてみました。

インストールした後に AppleScript で作成されたファイルをダウンロードして、インストールしました。
メニューからスクリプトを実行すると現在の日付がエディタに表示されました。

デフォルトでは
2019.8.13 7:38:12
となります。

目的の書式は
2019年8月13日号。
です。

年は半角文字ですが、月と日は、1桁の場合は全角文字、2桁の場合は半角文字とします。

スクリプトを見てみたら、簡単な記述でした。
DOS の バッチファイルのような感覚ですが、AppleScript のパワーは凄いです。


編集方法を少し説明します。

■スクリプトのインストール方法
1:「jedit」を開いて、メニューの右から2番目の「スクリプト」をクリックします。
2:「スクリプトフォルダを表示」をクリックします。
3:一覧が表示されるので、添付した「KatuyaDate.scpt」ファイルをドラッグアンドドロップします。
4:「jedit」を開いて、メニューの右から2番目の「スクリプト」をクリックします。
5:「KatuyaDate.scpt」をクリックします。

■スクリプトの編集は方法
1:「jedit」を開いて、メニューの右から2番目の「スクリプト」をクリックします。
2:「スクリプトフォルダを表示」をクリックします。
3:一覧が表示されるので、「KatuyaDate.scpt」ファイルをダブルクリックします。
4:編集を行います。
5:変更した後は、メニューの右端の「コンパイル」をクリックします。
6:メニューの左端の「記録」をクリックして、次に左端から2番目の「中止」をクリックします。


スクリーンショット 2019-08-13 7.29.16.png
スクリプトのメニュー

スクリーンショット 2019-08-13 7.30.32.png
スクリプトフォルダ表示

スクリーンショット 2019-08-13 20.45.01.png
実行結果


■オリジナル(StampDate.txt)
StampDate.txt

***********************************************
set yy to (year of (current date))
set mm to (month of (current date)) as number
set dd to day of (current date)

set theTime to time of (current date)
set hh to (theTime div 3600)
set theTime to theTime - hh * 3600
set min to (theTime div 60)
set theTime to theTime - min * 60
set ss to theTime
set theDate to (yy & "." & mm & "." & dd & " " & hh & ":" & min & ":" & ss) as string

set the clipboard to theDate
tell application "System Events"
key down {command}
keystroke "v"
key up {command}
end tell
***********************************************

■変更後(KatuyaDate.txt)
KatuyaDate.txt

***********************************************
set yy to (year of (current date))

set mm to (month of (current date)) as number
if mm = 1 then
set mm2 to "1"
end if
if mm = 2 then
set mm2 to "2"
end if
if mm = 3 then
set mm2 to "3"
end if
if mm = 4 then
set mm2 to "4"
end if
if mm = 5 then
set mm2 to "5"
end if
if mm = 6 then
set mm2 to "6"
end if
if mm = 7 then
set mm2 to "7"
end if
if mm = 8 then
set mm2 to "8"
end if
if mm = 9 then
set mm2 to "9"
end if
if mm = 10 then
set mm2 to "10"
end if
if mm = 11 then
set mm2 to "11"
end if
if mm = 12 then
set mm2 to "12"
end if

set dd to day of (current date)
if dd = 1 then
set dd2 to "1"
end if
if dd = 2 then
set dd2 to "2"
end if
if dd = 3 then
set dd2 to "3"
end if
if dd = 4 then
set dd2 to "4"
end if
if dd = 5 then
set dd2 to "5"
end if
if dd = 6 then
set dd2 to "6"
end if
if dd = 7 then
set dd2 to "7"
end if
if dd = 8 then
set dd2 to "8"
end if
if dd = 9 then
set dd2 to "9"
end if
if dd = 10 then
set dd2 to "10"
end if
if dd = 11 then
set dd2 to "11"
end if
if dd = 12 then
set dd2 to "12"
end if
if dd = 13 then
set dd2 to "13"
end if
if dd = 14 then
set dd2 to "14"
end if
if dd = 15 then
set dd2 to "15"
end if
if dd = 16 then
set dd2 to "16"
end if
if dd = 17 then
set dd2 to "17"
end if
if dd = 18 then
set dd2 to "18"
end if
if dd = 19 then
set dd2 to "19"
end if
if dd = 20 then
set dd2 to "20"
end if
if dd = 21 then
set dd2 to "21"
end if
if dd = 22 then
set dd2 to "22"
end if
if dd = 23 then
set dd2 to "23"
end if
if dd = 24 then
set dd2 to "24"
end if
if dd = 25 then
set dd2 to "25"
end if
if dd = 26 then
set dd2 to "26"
end if
if dd = 27 then
set dd2 to "27"
end if
if dd = 28 then
set dd2 to "28"
end if
if dd = 29 then
set dd2 to "29"
end if
if dd = 30 then
set dd2 to "30"
end if
if dd = 31 then
set dd2 to "31"
end if


set theDate to (yy & "年" & mm2 & "月" & dd2 & "日号。") as string

set the clipboard to theDate
tell application "System Events"
key down {command}
keystroke "v"
key up {command}
end tell
***********************************************

posted by bonworld at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Computer

2019年08月03日

2019-08-03 BonsFMmini のブログを公開

2019-08-03 BonsFMmini のブログを公開

ブログで公開していた BonsFM とツールは別のブログにまとめました。
以下のブログに移動して下さい。

http://bonworld-bonsfm.sblo.jp/

posted by bonworld at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BonsFM(Windows)